" />マーケティングに使う2次データまとめ「どこを探す?」 | 太郎は考えた

マーケティングに使う2次データまとめ「どこを探せばよい?」

2次テータの参照元まとめと、1次データ収集時のポイントおすすめ情報源
2次テータの参照元まとめと、1次データ収集時のポイント
この記事は約3分で読めます。

マーケティングにおいてデータの参照は不可欠です。

その中でも

・1次データ

・2次データ が存在します

〜この記事の対象者〜

・マーケティングの初心者

・新たにマーケティング部に配属になった方

〜この記事でわかること〜

・データの参照元(参考サイト)

・1次データと2次テータの違いに関する理解の促進

1次データとは?

特定の目的のために新しく収集されるデータ、主に実験やサーベイを通じ収集されたもの

2次データとは?

他の目的のために、自己または他社がすでに収集・加工しているデータ

具体的には社内データ、外部から入手できる市場データ、調査データなど

2次データはどこにある?(公開データ、販売データ)

官公庁・自治体・業界団体の統計・調査

サイト名

政府統計窓口 e-Stat

サイトURL

政府統計の総合窓口
政府統計の総合窓口(e-Stat)は各府省等が公表する統計データを一つにまとめ、統計データを検索したり、地図上に表示できるなど、統計を利用する上で、たくさんの便利な機能を備えた政府統計のポータルサイトです。

サイト名

Google Public Data Explorer 

サイトURL

Google Public Data Explorer
Google Public Data Explorer は、大量のデータから必要なデータを簡単に見つけ出し、分かりやすくグラフ化できるツールです。グラフや分布図で時系列に沿ったアニメーションを表示できるので、世の中の変化を直感的に把握できます。このツールを利用するのにデータ分析の専門家である必要はありません。どなたでも...

調査会社のパネルデータ

販売・購買データ(小売店データ、ホームスキャンデータ等)

メディアデータ(資料率データ、広告出稿データ等)

サイト名

SCI(インテージ)

サイトURL

SCI®(全国消費者パネル調査)|市場調査ならインテージ
インテージが提供する『SCI(全国個人消費者パネル調査)』を使えば、誰が、いつ、どこで、何を、いくつ、いくらで買ったのかを過去のデータと比較しながら把握することができます。これまでの施策の振り返りをし、精度の高い施策を立案、その後の効果測定を行いたいといった悩みをお持ちの方は、ぜひご覧ください

サイト名

SRI(インテージ)

サイトURL

SRI®(全国小売店パネル調査)|市場調査ならインテージ
インテージが提供する『SRI(全国小売店パネル調査)』を使えば、どの商品が、いつ、どこで、いくつ、いくらで、どのような店舗で販売されたのかを過去データと比較しながら把握することができます。データに基づく戦略立案・商品開発を行いたいといった悩みをお持ちの方は、ぜひご覧ください

調査会社の定点観測データ

ブランドデータ(日経企業イメージ調査、ブランド・ジャパン等)

専門調査会社のレポート

サイト名

矢野経済研究所

サイトURL

市場調査とマーケティングの矢野経済研究所 トップページ
市場調査、調査分析からソリューション提供まで。実力と実績のトータルマーケティングファーム矢野経済研究所。

サイト名

富士経済

サイトURL

トップページ | 富士経済グループ
富士経済グループは1962年創業。国内5社(富士経済マネージメント、富士経済、富士キメラ総研、富士経済ネットワークス、教育評論社)、海外現地法人2社、総社員数350名以上、専門調査員数250名以上で構成される「市場調査専門集団」です。

2次データはどこにある(データベース/キュレーション)

サイト名

日経テレコン

サイトURL

日経テレコン - 新聞・雑誌記事のビジネスデータベース
日経テレコンはビジネスに必要な情報を網羅した新聞・雑誌記事のデータベースサービスです。記事・企業・人事・海外情報といったコンテンツや検索・通知機能、活用シーン等も詳しくご紹介します。資料請求やご利用申し込みもこちら。

サイト名

日本能率協会マーケティングデータ

サイトURL

MDB|マーケティング・データ・バンク|MARKETING DATA BANK

サイト名

調査のチカラ(ITmedia)

サイトURL

調査のチカラ ~ 無料アンケートデータのまとめサイト
調査のチカラは、インターネット上に公開されている調査データ情報を集約したサイトです。無料で閲覧できるものを中心に、さまざまな調査データをリスト化しています。分野別の新着リストを参照したり、検索を行うことで簡単にたくさんの調査データへアクセスできます。

1次データを収集する際の企画・設計に関わる8つの質問

1,なぜこの調査が必要か(調査背景)

2,この調査で何を明らかにするのか(調査目的)

3,どうやって調べるか(調査方法)

4,誰を相手にして調べるか(調査対象)

5,どんな内容を調べるか(調査項目)

6,いつ調査を行なうか、いつ結果を出すのか(調査時期)

7,コストはどのくらいかかるのか(調査費用)

8,調査をおこなうのはどこか(調査主体)

コメント

タイトルとURLをコピーしました